FAGNOLA, Annibale

背景

TOP > KOBE ブログ > FAGNOLA, Annibale

FAGNOLA, Annibale

2017.06.19

ファニョーラ、アニバル

1865年生−1939年没

1890年にTAURIN(トリノ)で工房設立。精をだしてオ−ルドバイオリンの勉強をした以外は、年季奉公の師匠を持たなかった。知識への渇きは早い時期におとずれ、そして彼は、自分の作品を作りはじめる前に多くの知識を集めた。プレセンダ−作品の素晴らしいイミテ−ションの専門家であった。あまりに見事なイミテ−ションであったので、専門家達に、真の作者を鑑定することを少々ためらわす原因となった。美しい赤のニスは、丁寧に塗られており、職人技工のあらゆる細かな点も、素晴らしく良く施されている。相当なメロウさを持つ、並はずれて遠くまで聞こえる音である。ROCCAとJ.B.GUADAGNINIの素晴らしいレプリカ製作、そして、彼は2人の先駆者の原理を原則として発見したうえに、彼のすべての原点があることから、ソロイストが常に探し求めている、その素晴らしいトーンを手に入れることができる。デザインの要素は、彼自身からもでたものもあり、彼自身の中には独創性をもっている、いくつかのバイオリンのモデル化する自然な野望があります。これらは、あらゆる純粋な音色の質と職人技工を表します。赤いニスに加えて、彼はソフトな質感のイエローを十分に塗ることをしている。いくつかのスクロ−ルには、ダークな縁取りがしてある。

 

W.Henleyの辞書の抄訳です。